郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1447号/平成29年5月19日号
1446号/平成29年5月12日号
1445号/平成29年5月5日号
1444号/平成29年4月28日号
1443号/平成29年4月21日号
1442号/平成29年4月14日号
1441号/平成29年4月7日号
1440号/平成29年3月31日号
1439号/平成29年3月24日号
1438号/平成29年3月17日号
1437号/平成29年3月10日号
1436号/平成29年3月3日号
1435号/平成29年2月24日号
1434号/平成29年2月17日号
・1433号/平成29年2月10日号
1432号/平成29年2月3日号
1431号/平成29年1月27日号
1430号/平成29年1月20日号
1429号/平成29年1月13日号
1428号/平成29年1月6日号

購読案内はこちらから

個性を乗せて、たこ揚げ

コミュニティしんぶん1433号
平成29年2月10日号



個性を乗せて、たこ揚げ

特集

■県・酒田市の大型風車計画
 環境団体関係者ら内容に反発
 県企業局が環境影響評価準備書を公表

 庄内海浜県立自然公園内の酒田市十里塚地区に、山形県企業局と同市が3基ずつ計6基の発電用大型風車を建設する計画で、県企業局は1月31日、事業が鳥類や景観などに与える影響は小さいとする環境影響評価準備書を公表したが、自然保護団体の関係者らが「一部の項目の予測・評価は推察の域を出ていないもの」と反発している。県企業局では住民説明会を19日午後1時半から同市公益研修センターで開くが、準備書に盛り込んだ予測・評価の内容に対し関係者から理解が得られるのかどうかは不透明な情勢だ。(編集主幹・菅原宏之)

特集

■新酒田産業会館
 3階建てで現在地に建設
 総事業費24億円、20年末完成

 酒田産業会館の改築に向け検討を進めていた酒田商工会議所(弦巻伸会頭)などは、本紙の取材に、新会館の事業構想や今後の日程などを明らかにした。建物規模は鉄骨造り地上3階建てで、総事業費は約24億円。うち商議所の実負担額は現時点で7億0800万円とした。商議所が個人施行による第一種市街地再開発事業で、酒田市2丁目の現在地に建て替える。これに基づき酒田市では3月に第一種市街地再開発事業の都市計画決定(変更)の告示を行う予定で、2020年12月の完成に向け、事業が動き出すことになった。(編集主幹・菅原宏之)

 ■地元住民が建設反対運動へ 鶴岡市の新最終処分場問題

▼総合
 ■基金作り保管・展示へ 山口吉彦氏のアマゾン資料
 ■バイオ最新情報セミナー がん研の牧野嶋氏ら講演
 ■技能グランプリに出場 加茂水族館の須田料理長
 ■投書
  ●本町通りの電柱地中化を 観光客への対応が不十分/酒田市緑ケ丘・男・匿名
 ■われらの生徒会長/酒田光陵高校 金子南奈さん(2年)

▼地域情報
 ■踏ん張りも空回り 踏ん張りも空回り
 ■不思議な島を冒険しよう 手作りお化け屋敷は19日
 ■共作「街」など見応え十分 講師と生徒12人の写真展
 ■台町でライブとはしご酒 急逝の音楽仲間を追悼
 ■庄内全蔵の地酒まつり 庄内観光物産館で
 ■実戦型詰将棋[初心者向け]第89回/出題 日本将棋連盟元専務理事 九段 西村一義

▼文化
 ■致道博物館 参勤交代や北前船交易など 絵図や文書で交通史紹介
 ■傘福紅房が雛街道に参加 傘福と雛と絵が溶け合う
 ■コミュニティ酒田俳壇/工藤千江子選

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト
  ●あつみ温泉1万円で満喫 宿泊・宴会・2次会込み
  ●庄内産トラフグのリゾット 落合シェフのディナーで

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。