郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1455号/平成29年7月14日号
1454号/平成29年7月7日号
1453号/平成29年6月30日号
1452号/平成29年6月23日号
1451号/平成29年6月16日号
1450号/平成29年6月9日号
1449号/平成29年6月2日号
1448号/平成29年5月26日号
1447号/平成29年5月19日号
1446号/平成29年5月12日号
1445号/平成29年5月5日号
1444号/平成29年4月28日号
1443号/平成29年4月21日号
1442号/平成29年4月14日号
1441号/平成29年4月7日号
1440号/平成29年3月31日号
1439号/平成29年3月24日号
・1438号/平成29年3月17日号
1437号/平成29年3月10日号
1436号/平成29年3月3日号

購読案内はこちらから

防災への誓い新たに

コミュニティしんぶん1438号
平成29年3月17日号



防災への誓い新たに

特集

■新文化会館
 総事業費96億7千万円に膨らむ
 屋根の設計変更などで5億4千万円

 8月末に完成を予定する鶴岡市の新文化会館は、2017年度予算案に43億4600万円を盛り込み、外構や備品を含む総事業費が96億7600万円に膨らむ見通しとなった。本体屋根部分の設計変更、新たな付帯工事の発注などで5億4千万円、外構工事で7700万円の増額となった。合併特例債などを活用するため、市の実質負担は29億5000万円にとどまるとしているが、「一般市民の感覚とは大きなずれがある」と疑問を呈する声も多い。(編集委員・後藤悟)

特集

■新年度予算案
 予算額は過去最高687億9千万円
 鶴岡市 新文化会館で投資的経費膨らむ

 鶴岡市は、過去最大の規模となる総額687億9200万円の2017年度一般会計当初予算案を、同市議会3月定例会に上程した。新文化会館など投資事業や少子高齢化に伴う社会保障の経費が膨らみ、16年度当初予算比で34億9200万円5・3%増えた。財源を確保するため、市債(借金)を同28億円増やすほか、財政調整基金(貯金)を09年度以来8期ぶりに取り崩して対応する。(編集委員・後藤悟)

 ■三瀬の県施設内で風力発電
  発電事業者が計画を説明 収益の一部を地域に還元

▼地域情報
 ■ダブル、シングルで全国へ 酒田光陵高校ボート部
 ■団体組手で初の全国大会へ 天真学園高校空手道部
 ■われらの生徒会長/鶴岡東高校 庄司颯くん(2年)
 ■ワカメ給食を食べて実感 南三陸町と庄内町の絆
 ■酒田市でも追悼の集い 東日本大震災から6年
 ■コミュニティ鶴岡俳壇/畠山カツ子選

▼PR
 ■スタートの春、さあ新しい自分へ! 習いごと特集
 ■春の庄内 求人情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。