郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1451号/平成29年6月16日号
1450号/平成29年6月9日号
1449号/平成29年6月2日号
1448号/平成29年5月26日号
1447号/平成29年5月19日号
1446号/平成29年5月12日号
・1445号/平成29年5月5日号
1444号/平成29年4月28日号
1443号/平成29年4月21日号
1442号/平成29年4月14日号
1441号/平成29年4月7日号
1440号/平成29年3月31日号
1439号/平成29年3月24日号
1438号/平成29年3月17日号
1437号/平成29年3月10日号
1436号/平成29年3月3日号
1435号/平成29年2月24日号
1434号/平成29年2月17日号
1433号/平成29年2月10日号
1432号/平成29年2月3日号

購読案内はこちらから

北前船が屋台村に入船

コミュニティしんぶん1445号
平成29年5月5日号



北前船が屋台村に入船

特集

■深刻さ増す人口問題㊤
 鶴岡、酒田市の減少著しく
 減少数は県内ワースト1、2位

 鶴岡市は25年間で2万1188人、酒田市は1万6606人も人口が減っていた―。そんな実態が、2015年の国勢調査の結果から明らかになった。この間の両市の減少数は、山形県内主要市の中で鶴岡市が1位、酒田市が2位。将来は少子高齢化が一段と進むとの推計もあり、深刻さが増していくのは必至の情勢。こうした現状を踏まえ両市ではさまざまな対策を打ち出しているが、減少傾向に歯止めがかかるまでには至っていない。(編集主幹・菅原宏之、編集委員・後藤悟)

特集

■人口問題対策
 両市、対策にあの手この手
 歯止めかかるまでに至らず

 鶴岡、酒田両市では、人口減少に歯止めをかけようと、移住者や新規就業者を増やす取り組みをはじめ、創業・起業支援、結婚・出産・子育て支援など、さまざまな対策を打ち出している。両市とも移住者の確保では一定の成果を上げているが、人口減少に歯止めがかかるまでには至っていないのが実情だ。

▼総合
 ■3・11から6年 現況と 明日への提言③
  災害弱者の避難支援の具体化を 地域での普段の連携が大切
   東北公益文科大学教授 武田 真理子
 ■投書
  ●定数削減の議論を急げ 2人欠員の鶴岡市議会/鶴岡市旧市街・男(69)

▼地域情報
 ■軟式野球全国大会に初出場 鶴岡市のプレイヤーズ
 ■山王森の新作も加えて 斎藤政広「ブナの声」写真展
 ■日本遺産に酒田、鶴岡両市認定 北前船寄港地と最北絹産地で
 ■釣り5月

▼文化
 ■吉光、正宗など名刀40振り 致道博物館で「目で観る刀の教科書展」
 ■鶴岡三川出身の4音楽家 28日に故郷でコンサート
 ■町の成り立ちや歴史知る 酒田市資料館 懐かしい酒田の旧町名展
 ■コミュニティ酒田歌壇 塚本敞選

▼PR
 ■お祭り料理 ご注文承ります!!
 ■住宅情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。