郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1458号/平成29年8月4日号
1457号/平成29年7月28日号
1456号/平成29年7月21日号
1455号/平成29年7月14日号
1454号/平成29年7月7日号
1453号/平成29年6月30日号
1452号/平成29年6月23日号
1451号/平成29年6月16日号
1450号/平成29年6月9日号
1449号/平成29年6月2日号
1448号/平成29年5月26日号
1447号/平成29年5月19日号
・1446号/平成29年5月12日号
1445号/平成29年5月5日号
1444号/平成29年4月28日号
1443号/平成29年4月21日号
1442号/平成29年4月14日号
1441号/平成29年4月7日号
1440号/平成29年3月31日号
1439号/平成29年3月24日号

購読案内はこちらから

子供まつりは歓声いっぱい

コミュニティしんぶん1446号
平成29年5月12日号



子供まつりは歓声いっぱい

特集

■深刻さ増す人口問題②
 役員のなり手不足で苦労
 鶴岡・酒田の自治会組織 事業の維持も難しく

 鶴岡市と酒田市の人口減少が山形県内主要市の中で最も進んでいる実態が、2015年の国勢調査の結果から明らかとなった。急速な人口減少と少子高齢化の進展は、身近な暮らしの中にもさまざまな影響を及ぼしている。自治会は加入世帯数の減少と高齢化で、役員のなり手を探すのにも苦労し、事業の維持が難しくなっているところも出てきた。また、介護サービスの利用が増えて給付費は膨らみ、いずれ保険料を払う人口が減ることも確実で、高齢化社会をどう支えていくかが課題となっている。(編集委員・戸屋桂、土田哲史)

特集

■今春高卒者の進学・就職⑤
 進学希望が増加傾向
 定時制通信制 地元志向で堅実に就職

 庄内の定時制課程・通信制課程の高校4校の今春卒業生の進学・就職状況を掲載する。高校卒業資格を得るためだけでなく、大学等への進学を目指す生徒も増加傾向で、働きながら国公立大に合格した生徒もいた。生徒一人一人が、それぞれに目標に向かって努力し、就職、進学の希望を実現している。

▼総合
 ■酒田まつり 新調みこしに花魁道中 秋田竿灯や子供相撲も
 ■赤い「おとめ心」をがぶり 園児がイチゴ狩り楽しむ
 ■関西直行高速バスが運行 外国人客誘致にも期待
 ■投書
  ●専業意識そろそろ終えよ 日当制で弾力的市議会に/鶴岡市大宝寺町・中村恵二
 ■われらの生徒会長/加茂水産高校 若生一希くん(3年)

▼地域情報
 ■初のウクレレ独奏会を開催 徳田朱音さん(鶴岡三中3年生)が21日
 ■お披露目落語会20日に アマ落語の庄内天狗連
 ■「ぶら探酒田」13日開始 毎回テーマを決め街歩き
 ■コミュニティ鶴岡俳壇 畠山カツ子選

▼PR
 ■酒田まつり
 ■庄内 住宅情報
 ■情報ア・ラ・カルト
  ●にっぽん丸が寄港 7月に酒田発着クルーズも

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。