郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1476号/平成29年12月8日号
1475号/平成29年12月1日号
1474号/平成29年11月24日号
1473号/平成29年11月17日号
・1472号/平成29年11月10日号
1471号/平成29年11月3日号
1470号/平成29年10月27日号
1469号/平成29年10月20日号
1468号/平成29年10月13日号
1467号/平成29年10月6日号
1466号/平成29年9月29日号
1465号/平成29年9月22日号
1464号/平成29年9月15日号
1463号/平成29年9月8日号
1462号/平成29年9月1日号
1461号/平成29年8月25日号
1460号/平成29年8月18日号
1459号/平成29年8月11日号
1458号/平成29年8月4日号
1457号/平成29年7月28日号

購読案内はこちらから

香り豊かに新そば楽しむ

コミュニティしんぶん1472号
平成29年11月10日号



香り豊かに新そば楽しむ

特集

県・酒田市病院機構 16年度決算
9年連続の単年度黒字計上
新たな施設基準で収入増加

 酒田市の日本海総合病院と同病院酒田医療センターを運営する地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構(栗谷義樹理事長)は、2016年度決算で当期純利益約5億8千万円を計上した。単年度収支の黒字は、県立日本海病院と市立酒田病院が統合再編した08年度から9年連続。患者数は減ったものの、新たな診療報酬の加算を算定するための施設基準を取得したことなどが要因となっている。しかし医療圏人口の減少にどう対応していくのかなど、解決するべき課題は山積している。(編集主幹・菅原宏之)

特集

鶴岡・酒田 9月
正社員求人倍率1倍超える
世代交代見据え求人が増加

 世代交代と欠員補充などを中心とした求人が増える一方で求職者が減り、9月の有効求人倍率は鶴岡公共職業安定所管内が2・12倍、酒田公共職業安定所管内が1・92倍の高水準となった。正社員有効求人倍率も鶴岡職安管内1・24倍、酒田職安管内1・10倍と、現在の統計となった2004年11」月以降では最高値となった。(戸屋桂)

▼地域情報
 ■アランマーレ、3季目始動 酒田で18、19日にホーム戦
 ■全日本選手が鶴岡で対決 Vプレミア女子25、26」日
 ■米粉クッキーで農業学ぶ 永井毅教授が思恩園訪問
 ■われらの生徒会長/酒田東高校 小林廉くん(2年)
 ■実践型詰将棋―初心者向け―第98回
  出題 日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義
 ■二大大会上位入賞を報告 合唱の鶴岡北高校音楽部
 ■イタリアやアニメ題材に 酒田吹奏楽団が26日公演
 ■144年の歴史に幕 思い出宝に長沼小閉校式
 ■コミュニティ鶴岡俳壇 畠山カツ子選

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。