郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1677号/令和3年10月15日号
1676号/令和3年10月8日号
1675号/令和3年10月1日号
1674号/令和3年9月24日号
1673号/令和3年9月17日号
1672号/令和3年9月10日号
1671号/令和3年9月3日号
1670号/令和3年8月27日号
1669号/令和3年8月20日号
1668号/令和3年8月13日号
1667号/令和3年8月6日号
1666号/令和3年7月30日号
1665号/令和3年7月23日号
1664号/令和3年7月16日号
・1663号/令和3年7月9日号
1662号/令和3年7月2日号
1661号/令和3年6月25日号
1660号/令和3年6月18日号
1659号/令和3年6月11日号
1658号/令和3年6月4日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1663号
令和3年7月9日号


冷たい水に大はしゃぎ
[中町モール/酒田市]

特集

マリーン5清水屋
15日閉店、自己破産申請へ
客数減り営業継続は困難と判断

 酒田市の中心市街地で集客の核店舗となっている老舗百貨店「マリーン5清水屋」が、7月15日の営業を最後に閉店し、早ければ16日か17日にも山形地裁酒田支部に自己破産を申請する。郊外型大型店や中規模専門店との競合が激化する中、消費者ニーズの変化に伴う来店客の減少などで経営が悪化し、営業継続は難しいと判断した。前身の清水屋デパートから71年続いた歴史に幕を下ろすことに、関係者の間からは閉店を惜しむ声や戸惑いの声が聞かれ、中心市街地の今後の客足への影響を心配する声も上がっている。(本紙取材班)

▼総合
 ■再生可能エネルギー
  住民説明を義務化、来春施行目指す  県、無秩序な開発防ぐ条例検討
 ■20年度は赤字1千万円余  酒田観光物産協会が報告

▼地域情報
 ■鶴岡市 マイナカードで証明書発行 交付機を設置し料金も安く
 ■3割以上還元、大型店でも  三川町が地域通貨を発行
 ■県内在住者は観戦可能  夏の甲子園山形大会
 ■白ばら10日に営業再開  初日昼には無料内覧会
 ■コロナよけ茅の輪くぐる  砂越諏訪神社で夏越の祓
 ■心和ます鈴虫を無償頒布  亀八起の会の和島公会長
 ■片上大輔将棋七段と対局  伝統文化子供将棋教室
 ■イワガキの出荷作業体験  酒田調理師専生が漁港で
 ■医療福祉の専門家に学ぶ  酒田西高生の探求学習
 ■われらの生徒会長/鳥海八幡中学校 佐藤瑠俐さん(3年)

▼文化
 ■史跡巡る12コース掲載  街歩きガイド『酒田ブラン』第2号
 ■古民家玉手箱  関東大震災や徴兵検査など  大正12年の酒田新聞を公開
 ■日本酒の現状と展望語る  酒田民俗学会の講座17日
 ■コミュニティ鶴岡俳壇/畠山カツ子選

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。