郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1672号/令和3年9月10日号
1671号/令和3年9月3日号
1670号/令和3年8月27日号
1669号/令和3年8月20日号
1668号/令和3年8月13日号
1667号/令和3年8月6日号
1666号/令和3年7月30日号
1665号/令和3年7月23日号
・1664号/令和3年7月16日号
1663号/令和3年7月9日号
1662号/令和3年7月2日号
1661号/令和3年6月25日号
1660号/令和3年6月18日号
1659号/令和3年6月11日号
1658号/令和3年6月4日号
1657号/令和3年5月28日号
1656号/令和3年5月21日号
1655号/令和3年5月14日号
1654号/令和3年5月7日号
1653号/令和3年4月30日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1664号
令和3年7月16日号


潮風受けてスイスイ
[県海浜自然の家/遊佐町]

特集

羽越・奥羽新幹線整備
単線、盛り土で効果が費用上回る
庄内の関係者は「アメ玉」とやゆ

 羽越、奥羽両新幹線のフル規格での早期整備に向け、沿線6県でつくる「羽越・奥羽新幹線関係6県合同プロジェクトチーム(PT)」は6月下旬、単線と高架ではなく盛り土構造などの整備手法を採用すれば、所要時間の短縮効果や利用者増などの便益が費用を上回る、とする調査結果を公表した。山形県では「整備の妥当性を確認できた」と評価している。しかし調査結果に対する庄内の関係者たちの反応は冷ややかで、「調査結果はアメ玉のようなもの。両新幹線の実現は限りなく不可能に近い」「羽越新幹線より奥羽新幹線の優先順位が高いように映る」いった声が上がっている。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■ドラッグ、スーパー次々出店  鶴岡市街地で今後も増加か

▼投稿
 ■副知事の公選法違反事件  強制捜査に踏み切る時
  NPO「ブナの森」代表 長岡昇

▼地域情報
 ■庄内海岸林が生まれ変わる  市民団体と学生が下草刈
 ■485人で約1トン回収  最上川河口でごみ拾い
 ■東京五輪アーチェリー  金メダル目指すと決意表明  中村美樹選手の壮行会開く
 ■開会式で鶴岡産絹を着用  合宿中のモルドバ選手団
 ■黄色いカエルが東郷小に  加茂水族館で公開中
 ■全国ダンス大会に25日出場  小学生チーム「イージス」
 ■われらの生徒会長/豊浦中学校 伊藤颯汰くん(3年)

▼文化
 ■酒田の疫病と人々の対応  市立資料館で書物や写真展示
 ■同人誌『うた織り第六集』  鶴岡市の稲京短歌会
 ■新旧キャラクターが競演  山王くらぶでフィギュア展
 ■釣り/7月

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。