郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1672号/令和3年9月10日号
1671号/令和3年9月3日号
・1670号/令和3年8月27日号
1669号/令和3年8月20日号
1668号/令和3年8月13日号
1667号/令和3年8月6日号
1666号/令和3年7月30日号
1665号/令和3年7月23日号
1664号/令和3年7月16日号
1663号/令和3年7月9日号
1662号/令和3年7月2日号
1661号/令和3年6月25日号
1660号/令和3年6月18日号
1659号/令和3年6月11日号
1658号/令和3年6月4日号
1657号/令和3年5月28日号
1656号/令和3年5月21日号
1655号/令和3年5月14日号
1654号/令和3年5月7日号
1653号/令和3年4月30日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1670号
令和3年8月27日号


刈屋梨の収穫始まる
[やまよ梨園/酒田市刈屋地区]

特集

庄内の三セク20年度決算・下
多額の税金投入、収入確保策を
酒田・鶴岡市財団、社団法人 9団体中2団体が単年度赤字

 酒田、鶴岡両市が基本財産額の25%以上を出捐(寄付)する第三セクターのうち、公益・一般財団と一般社団法人の計9団体中、鶴岡市の2団体が2020年度決算で単年度赤字を計上した。単年度赤字の団体は前期から1つ減った。9団体は公益性の高い事業を担っているが、運営には事業受託や補助金の形で多額の税金が投入されている。このため市民の間からは「公金をもらいながら単年度収支が赤字になるのは問題」「両市の支出額が妥当なのかどうかを含め、経営改善策を踏み込んで検討するべき」といった指摘が出ている。(本紙取材班)

▼総合
 ■債権者数は把握できず  マリーン5清水屋、破産手続き開始決定
 ■酒田花火ショー今年も中止  市民募金は返却か繰り越し
 ■ボッチャの選手が事前合宿  東京パラで鶴岡市に
 ■われらの生徒会長/朝日中学校 佐藤大和くん(3年)

▼文化
 ■自由民権活動家 森藤右衛門の「両羽新報」を発見 ワッパ騒動の小説や論考載る11日分
 ■湯野浜の大亀がアニメ化  海ノ民話のまちに採択
 ■故佐藤タカヒロ原画展など  サカタアートマルシェ多彩に

▼PR
 ■毎月のランニングコスト見直しませんか?
 ■美味しい刈屋の梨をどうぞ

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。