郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1707号/令和4年5月13日号
1706号/令和4年5月6日号
1705号/令和4年4月29日号
1704号/令和4年4月22日号
1703号/令和4年4月15日号
1702号/令和4年4月8日号
1701号/令和4年4月1日号
1700号/令和4年3月25日号
1699号/令和4年3月18日号
1698号/令和4年3月11日号
1697号/令和4年3月4日号
1696号/令和4年2月25日号
1695号/令和4年2月18日号
1694号/令和4年2月11日号
1693号/令和4年2月4日号
1692号/令和4年1月28日号
・1691号/令和4年1月21日号
1690号/令和4年1月14日号
1689号/令和4年1月7日号
1688号/令和3年12月31日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1691号
令和4年1月21日号


熱々の寒鱈汁を買い求め
[第34回日本海寒鱈まつり・鶴岡銀座商店街/鶴岡市]

特集

山形新幹線庄内延伸
市町村連絡協の解散を疑問視
市議や商工団体幹部、前県議、市民が

 酒田、庄内、遊佐、戸沢の4市町村の首長と議会議長を会員に、山形新幹線の庄内延伸を目指し活動してきた「陸羽西線高速化促進市町村連絡協議会」(会長・丸山至酒田市長、以下協議会)が昨年9月に解散したことに対し、一部市議と商工団体幹部から真意を問う声や高速化を求める声が相次いでいる。この問題では、酒田市・飽海郡区の前県議会議員や市民から「解散理由が分からない」「会員を増やし協議会を復活させるべき」など、市の判断を疑問視する声も上がっている。(編集主幹・菅原宏之)

特集

公共交通を体験できる方策を
本紙主催新春座談会「住民参加のまちづくりで市街地再生」④

 本紙主催新春座談会の連載最終回。まちづくりや交流人口の拡大に欠かせない公共交通を主題に、全国初の県内共通バス用ICカードの発行や、家族や他人も乗り放題のドイツの定期券、路線バス代が含まれているスイス観光地のホテル代などバスの便利さを体験するための方策、またフル規格新幹線の実現の難しさなどを話した。司会は本紙編集部の菅原宏之と土田哲史。

特集

寄付金は選挙で使った、続投の意向
皆川市長が市議会で説明も百条委設置か

 皆川治鶴岡市長が2017年10月の市長選の選挙期間中に、当時の男性支援者から現金100万円の寄付を受けながら選挙運動費用収支報告書に記載せず、21年8月28日に男性に返金した問題で、同市議会は昨年12月27日に続き1月18日にも全員協議会を開き、皆川市長から改めて説明を聞いた。議員からは「説明が二転三転している」「市長としての資質が問われる」など厳しい声が上がった。最大会派の新政クラブなどが百条委員会の設置を求めており、25日の臨時会で設置が議決される可能性もある。

▼総合
 ■中高一貫校  鶴南高に4階の校舎棟新設  鶴北高には給食配膳室など
 ■冬の味覚「温海旬御膳」  旅館や飲食店で2月末まで

▼地域情報
 ■宿泊や地酒、文化鑑賞が割引  自治体等が経済対策を展開中
 ■われらの生徒会長/羽黒高校 日向錬輔くん(2年)
 ■釣り/1月

▼文化
 ■旧青山本邸  清若一座の手彫り人形と江戸~明治の船絵馬を展示
 ■天宥の羽黒再興の謎に迫る  酒田民俗学会30日に講座
 ■病院DXの入門書を共著  野末睦氏と中村恵二氏
 ■塚本敞元会長を追悼  『酒田短歌会会報第75号』
 ■コミュニティ鶴岡俳壇/畠山カツ子選

▼PR
 ■より良い1年を願って  縁起物特集
 ■「食」の求人情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。