郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1707号/令和4年5月13日号
・1706号/令和4年5月6日号
1705号/令和4年4月29日号
1704号/令和4年4月22日号
1703号/令和4年4月15日号
1702号/令和4年4月8日号
1701号/令和4年4月1日号
1700号/令和4年3月25日号
1699号/令和4年3月18日号
1698号/令和4年3月11日号
1697号/令和4年3月4日号
1696号/令和4年2月25日号
1695号/令和4年2月18日号
1694号/令和4年2月11日号
1693号/令和4年2月4日号
1692号/令和4年1月28日号
1691号/令和4年1月21日号
1690号/令和4年1月14日号
1689号/令和4年1月7日号
1688号/令和3年12月31日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1706号
令和4年5月6日号


こいのぼりの下、公園清掃
[風来風流の会/庄内町狩川]

特集

スマート農業庄内で始まる①
地元産ICT農機、受注増加中
大手メーカーは自動走行の実演会

 庄内でも農家の高齢化や担い手不足を背景に、ICT(情報通信技術)やロボットを活用するスマート農業が広がり始めている。地元企業では、山形大学農学部や東北大学、東北地方の民間企業などと連携して、AI(人工知能)を搭載した枝豆選別機や、GPS(全地球測位システム)を使った種もみの播種機、雑草の成長を抑制するロボットを開発している。農業機械の大手メーカーは実演会を開くなどして販売に力を入れている。山形大学農学部の片平光彦教授は「スマート農業はそれほど遠くない時期に主流になる」と予測している。(本紙取材班)

総合

開業半年で6万2千人来館
日和山小幡楼 パン求める酒田市民目立つ

 酒田市が旧割烹小幡を改修して昨年10月20日に開業した「日和山小幡楼」は、約半年間に6万2691人が来館した。開業月には約2万人が訪れて順調に滑り出したが、冬期間は新型コロナウイルスの感染再拡大に、悪天候が重なり苦戦した。3月以降は花見客などで回復傾向が見られ、酒田市と指定管理者の(株)平田牧場(酒田市みずほ2丁目、新田嘉七代表取締役)では、夏に向けた今後が書き入れ時、と期待している。(編集部課長・土田哲史)

▼地域情報
 ■但馬のNPOと協定締結  日本海ヘルスケアネット
 ■プロアマ写真展「酒田新発見」21日  森山大道ドキュメント映画も
 ■われらの生徒会長/鶴岡第四中学校 福士瑛柊さん(3年)
 ■酒田にクラフトビール醸造所建設  地元産原料も使い来年5月出荷
 ■せんべい工房が7日開店  一緒に作りひきこもり支援
 ■新ミートセンターに着工  平田牧場が京田西団地で
 ■由良海洋釣堀が再開  土日祝日に入替制で

▼文化
 ■酒田に残した河村瑞賢の偉業  酒田市立資料館 西廻り航路開設350年展
 ■藤沢周平記念館  庄内藩を描いた小説紹介  自筆原稿や創作メモ添え
 ■コミュニティ酒田歌壇/大内順選

▼PR
 ■GWふるさと仕事探し情報
 ■山車行列などは3年ぶりの開催! 祝・酒田まつり
  折詰・お弁当・お寿司・オードブル・赤飯など お祭り料理のご注文承ります
 ■健康なカラダは良質な睡眠から

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。