郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1727号/令和4年9月30日号
1726号/令和4年9月23日号
1725号/令和4年9月16日号
・1724号/令和4年9月9日号
1723号/令和4年9月2日号
1722号/令和4年8月26日号
1721号/令和4年8月19日号
1720号/令和4年8月12日号
1719号/令和4年8月5日号
1718号/令和4年7月29日号
1717号/令和4年7月22日号
1716号/令和4年7月15日号
1715号/令和4年7月8日号
1714号/令和4年7月1日号
1713号/令和4年6月24日号
1712号/令和4年6月17日号
1711号/令和4年6月10日号
1710号/令和4年6月3日号
1709号/令和4年5月27日号
1708号/令和4年5月20日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1724号
令和4年9月9日号


秋の遊佐を歩いて満喫
[奥の細道鳥海ワンデーマーチ/遊佐町内]

特集

来春高卒者
求人増え求人倍率は過去最高
就職希望者の減少傾向も影響

庄内の来春高校卒業予定者の求人倍率は7月末現在、鶴岡公共職業安定所管内が3・12倍、酒田公共職業安定所管内が3・98倍で、両管内ともに同時期では過去最高となった。企業の人手不足感で求人が増えていることが要因だが、高校生が減り就職希望者も減少傾向にあることも無縁ではない。就職先を選ぶ高校生にとっては良いが、人材を確保できない企業が多くなることは確実で、地域の産業経済にとっては痛手となる。(編集委員・戸屋桂)

特集

移住の今[下]
3町は鶴岡酒田からの転入多く
安い住宅地や各種支援策で人気

庄内の移住の現状を探る2回目。庄内、三川、遊佐の3町では、酒田、鶴岡両市からの移住者が多く、両市のベッドタウンとなっていることがうかがえる。両市に比べて住宅地が安く、通勤の不便も無いことが理由として考えられる。3町では住宅取得の補助金や子育て支援策などに力を入れ、庄内町と遊佐町では移住希望者向けの賃貸住宅に人気が集まっている。(本紙取材班)

特集

鶴岡市議会 百条委員会
市長 支援者の証言に反論
尋問の進め方にも疑問呈す

鶴岡市議会百条委員会(佐藤博幸委員長、委員12人)は8月30日、皆川治市長の選挙運動費用収支報告書への不記載などの問題で、市長への証人尋問を7月25日に続いて行った。市長は前回同様、不記載や訂正などの理由を「知識不足と忙しさの中で失念したため」と説明。市長に現金100万円を寄付した支援者が、市長が返すために持参した100万円を「(自分への)寄付として認識している」との証言に対しては、「受領の意思が無かったのに、なぜ今になって変わったのか、真意を測りかねる」と答えた。市長は百条委の進め方が一方的で政争になっているなどと何度も話し、そのたびに委員長が制止する場面もあった。(佐藤萌)

▼地域情報
 ■鶴岡市プレミアム商品券  紙版の申し込み始まる
 ■サカタントがオープン  飲食店6店入り酒田港に
 ■ツルオカクエスト17日から  RPG風スタンプラリー
 ■旧福栄保育園で週末営業中  食堂「よれっちゃ福栄」
 ■実戦型詰将棋ー初心者向けー 第153回
  出題/日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義
 ■全日本軟式野球大会に初出場  酒田市の社会人チーム ロッキーズ
 ■孟宗の竹灯籠が幻想的  湯田川の由豆佐売神社で
 ■公益大生が漂着ごみ清掃  全国の学生と庄内浜を
 ■方言翻訳や石灰散布量算出  中高生がアプリを研究中
 ■われらの生徒会長/鳥海八幡中学校  齋藤雄晟さん(3年)

▼文化
 ■二科展写真部展で初入賞  松本鶴子さんの「雪中歌舞伎」
 ■「花のあと」「銀河鉄道の夜」  劇団ワンライブが朗読劇
 ■クレールのSFと阪妻の時代劇港座で23日 無声映画上映  活弁士・佐々木亜希子が出演
 ■コミュニティ鶴岡俳壇/畠山カツ子選

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。