郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1744号/令和5年1月27日号
1743号/令和5年1月20日号
1742号/令和5年1月13日号
1741号/令和5年1月6日号
1740号/令和4年12月30日号
1739号/令和4年12月23日号
1738号/令和4年12月16日号
1737号/令和4年12月9日号
・1736号/令和4年12月2日号
1735号/令和4年11月25日号
1734号/令和4年11月18日号
1733号/令和4年11月11日号
1732号/令和4年11月4日号
1731号/令和4年10月28日号
1730号/令和4年10月21日号
1729号/令和4年10月14日号
1728号/令和4年10月7日号
1727号/令和4年9月30日号
1726号/令和4年9月23日号
1725号/令和4年9月16日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1736号
令和4年12月2日号


12月彩るシクラメン
[三川町押切新田]

特集

酒田市財政の現状と課題・上
基金枯渇し予算編成できず
市が一部職員と市議会に説明

 酒田市の財政は歳入よりも歳出が多いため、不足分は市債(借入金)の発行や基金(貯金)の取り崩しでやり繰りしているが、現在の歳出規模が続いていけば、2027年度に基金が枯渇し、予算編成ができなくなる―。同市は8月末から9月下旬にかけて、一部職員と酒田市議会(髙橋千代夫議長)に市財政のこうした厳しい現状を説明。持続可能な財政運営の実現に向け、健全化への課題や改善策も提案した。市財政が逼迫する背景には、05年11月の市町村合併以降、借入金を増やして多くの施設を整備してきたことなどがあり、市のこれまでの財政運営を疑問視する声も聞かれる。(編集主幹・菅原宏之)

総合

鶴岡市議会政治倫理審
共産党4市議は条例違反と報告
広報の政党活動分の按分不十分で

 第3回鶴岡市議会議員政治倫理審査会(本間正芳委員長、委員4人)は11月22日、日本共産党鶴岡市議団(菅井巌団長)の菅井団長、加藤鑛一、坂本昌栄、長谷川剛の4市議は、会派広報紙「新つるおか」の発行に充てた政務活動費から政党活動に相当する分を十分に按分(差し引き)していないなどとして、鶴岡市議会議員政治倫理条例の政治倫理基準に違反する、との報告書を菅原一浩市議会議長に提出した。菅原議長は12月の市議会運営委員会に、処分を諮る。(土田哲史編集部課長)

▼地域情報
 ■金龍と共栄開発工業が受賞  今年度の新田産業奨励賞
 ■致道館中高の説明会  選抜試験などに関心高く
 ■冬本番前に除雪車出動式  酒田国道維持出張所で
 ■われらの生徒会長/遊佐高校 松下潤くん(2年)
 ■東北選抜で日台国際試合代替大会へ
  酒田リトルシニア 浅井葵貴主将(鳥海八幡中2年)、阿部大和副将(酒田四中2年)、白旗桜芽(同中2年)
 ■由良海岸でごみ拾い交流  学生ボランティア集結し
 ■園芸ワンポイント12月/ヤブコウジ 縁起が良く正月飾りにも

▼文化
 ■日本の見放された風景写す  北島敬三の土門拳賞作品展
 ■致道博物館  維新前後の庄内藩紹介  丁卯の大獄の新史料も
 ■コミュニティ鶴岡歌壇/佐々木秀子選

▼PR
 ■修了生全員が鶴岡市で就農  SEADSで地域農業の未来創造③
 ■荘内眼鏡院から4人が合格  国家資格「眼鏡作製技能士」に

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。