郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site

今春高卒者の内定状況
庄内、求人増で内定率97・5%
県内定着率70・0%に上昇

 庄内の今春高校卒業予定者の就職内定状況は12月末現在、求職者843人のうち内定者822人で内定率は97・5%と、前年同期を2ポイント上回った。県内定着率は70・0%で、前年同期の66・3%から3・7ポイント上昇した。前年より求職者が減り、求人は増えたことで一段と売り手市場が進んだ。(編集委員・戸屋桂)

酒田、定着率増も県内最低

 酒田公共職業安定所管内の高校卒業予定者は1070人。このうち求職者は364人で前年同期比4・7%減。求職者の割合は34・0%。求職者のうち県内希望は232人で同0・4%増え、全求職者の63・7%に上った。県外希望は132人で同12・6%減り、全求職者の36・3%だった。結果、全求職者に占める県内希望の割合は同3・2ポイント増えた。
 一方、就職内定者は348人で前年同期比5・2%減となり、このうち県内内定者が222人で同1・8%増に対し、県外内定者は126人で同15・4%減の大幅減となった。
 就職内定率は95・6%で同0・5ポイント減。このうち県内内定率は95・7%で同1・3ポイント増、県外内定率は95・5%で同3・2ポイント減だった。
 県内定着率は63・8%と、前年同期の59・4%から4・4ポイント上がったものの、県内8職安の中で最も低い数字となった。
 求人数は県内(管内)917人で前年同期比66人7・8%増えた。求人倍率は3・95倍で前年同期の3・68倍を上回った。
 県内求人を産業別に見ると、製造業が最も多く前年同期と同じ261人で、全体の28・5%を占めた。中でも食料品・飲料が77人で前年同期比6・9%増と、製造業の29・5%を占めた。他は金属製品28人同21・7%増、電子部品・デバイス19人同増減なし、窯業・土石製品19人同9・5%減、パルプ・紙加工19人同137・5%増。パルプは化学工業からの分類変更により増えたもの。
 次いで建設業が207人で同9・5%増、生活関連サービス業148人同117・6%増、卸売・小売業89人同6・3%減、サービス業74人同2・6%減、福祉・医療64人同22・0%減などとなった。生活関連サービス業は本社が酒田市にあるために計上されるが、実際の就労場所はほぼ県外
。  この求人を職業別に見ると、生産工程の職業が281人で同1・1%増、サービスの職業が171人で同25・7%増、事務的職業が128人で同39・1%増、専門的・技術的職業101人同24・7%増など。
 一方、内定者を産業別に見ると製造業が最も多く県内108人、県外50人の計158人で内定者全体の45・4%を占めた。次いで卸売・小売業が県内31人、県外10人の計41人。建設業が県内24人、県外13人の計37人、宿泊・飲食サービス業が県内9人、県外14人の計23人、サービス業が県内15人、県外8人の計23人などだった。
 県内内定者の中には鶴岡職安管内に内定した者も含むため単純に比較できないが、建設業の充足率は低い。


鶴岡、県内定着率74・5%

 鶴岡公共職業安定所管内の高卒予定者は1458人。このうち求職者は479人で前年同期比8・4%減。求職者の割合は32・9%に低下した。求職者のうち県内希望は357人で同6・3%減、県外希望は122人で同14・1%減の大幅減となった。県内外の割合は県内74・5%、県外25・5%で、県内は前年同期より1・7ポイント増えた。
 就職内定者は474人で同4・6%減。このうち県内内定者が353人で同0・6%減、県外内定者が121人で同14・8%減だった。
 就職内定率は99・0%で同4・0ポイント増。県内内定率は98・9%で同5・7ポイント増、県外内定率は99・2%で同0・8ポイント減となった。県内定着率は74・5%で前年同期の71・4%を3・1ポイント上回った。
 県内(管内)求人数は906人で前年同期比66人7・9%増。求人倍率は2・54倍で、前年同期の2・20倍を上回った。
 県内求人を産業別に見ると、最も多いのが製造業の354人で同9・3%増、全体の39・1%に上った。中でも繊維工業(縫製)は71人同31・5%増で製造業の20・1%を占めた。他は生産用機械器具43人同34・4%増、輸送用機械器具38人同35・7%増、情報通信機械器具30人同16・7%減、電子部品・デバイス29人同81・3%増、はん用機械器具27人同20・6%減、食料品・飲料27人同32・5%減など。次いで建設業189人同8・0%増で、製造業と建設業を合わせると全体の59・9%を占めた。宿泊・飲食サービス業88人同1・1%増、医療・福祉86人同15・7%減、卸売・小売業76人同40・7%増と続いた。
 これを職業別で見ると、生産工程の職業が397人同10・9%増、サービスの職業173人同8・0%減、建設・採掘の職業123人同1・7%増、専門的・技術的職業79人同29・5%増などとなった。
 鶴岡職安では「製造業の求人がかなり多い。全体の求人事業所数は昨年と同じ程度だが、1社で10人を超える求人が結構あり、製造業を中心に大口求人が増えた」と言う。


トップへ戻る