郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1527号/平成30年11月30日号
1526号/平成30年11月23日号
1525号/平成30年11月16日号
1524号/平成30年11月9日号
1523号/平成30年11月2日号
1522号/平成30年10月26日号
1521号/平成30年10月19日号
1520号/平成30年10月12日号
1519号/平成30年10月5日号
1518号/平成30年9月28日号
1517号/平成30年9月21日号
1516号/平成30年9月14日号
1515号/平成30年9月7日号
1514号/平成30年8月31日号
1513号/平成30年8月24日号
・1512号/平成30年8月17日号
1511号/平成30年8月10日号
1510号/平成30年8月3日号
1509号/平成30年7月27日号
1508号/平成30年7月20日号

購読案内はこちらから

白山だだちゃ、並びました

コミュニティしんぶん1512号
平成30年8月17日号



白山だだちゃ、並びました

特集

三セク決算㊦
費用対効果、事業効果の精査を
酒田・鶴岡市社団、財団法人 8団体中2団体が当期赤字

 酒田、鶴岡両市が基本財産額の25%以上を出捐(寄付)する第三セクターのうち、公益・一般社団、財団法人の8団体中2団体が、2017年度決算で単年度収支差額の赤字を計上した。単年度収支差額の赤字法人は前期と同数。8団体は公益性の高い事業を手掛けているが、収入の多くを税金に依存し、事業の採算性が問われることも少ない。このため市民の間からは「両市の支出額が妥当なのかどうかを含め、費用対効果や事業効果を精査する必要がある」「収支の黒字化を意識し、新たな収入確保策を探るべき」との指摘が出ている。(本紙取材班)

特集

県優勝、全中出場おめでとう
庄内の団体7組、個人22人が頂点に

 第30回山形県中学校総合体育大会(県中総体)が7月20〜24日に開かれ、庄内14校の団体7組と個人22人が11競技で優勝した。優勝した団体を中心に、東北大会を勝ち抜き、8月8日現在で全国中学校体育大会(全中)出場を決めた選手も合わせて掲載する。文中敬称略。

 ■高校総体競泳に8選手出場  名古屋市で17日から開催

▼地域情報
 ■大荒地区住民と合意し着工へ  鶴岡市の新最終処分場整備
 ■芸文協の運営に疑問符  文化会館利活用会議
 ■尺玉140発含む1万2千発  赤川花火大会18日夜開催
 ■飛島の女性の恋を歌に  しば史朗が新曲CD発
 ■白旗孝夫切り絵展  夢の倶楽で27日まで
 ■われらの生徒会長/余目中学校 工藤楓也くん(3年)
 ■鶴岡で原子力防災講座  講師は鎌仲ひとみ監督

▼PR
 ■8月19日はバイクの日
 ■庄内 夏の求人情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。