郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1533号/平成31年1月11日号
1532号/平成31年1月4日号
1531号/平成30年12月28日号
1530号/平成30年12月21日号
・1529号/平成30年12月14日号
1528号/平成30年12月7日号
1527号/平成30年11月30日号
1526号/平成30年11月23日号
1525号/平成30年11月16日号
1524号/平成30年11月9日号
1523号/平成30年11月2日号
1522号/平成30年10月26日号
1521号/平成30年10月19日号
1520号/平成30年10月12日号
1519号/平成30年10月5日号
1518号/平成30年9月28日号
1517号/平成30年9月21日号
1516号/平成30年9月14日号
1515号/平成30年9月7日号
1514号/平成30年8月31日号

購読案内はこちらから

歳事記

コミュニティしんぶん1529号
平成30年12月14日号



一足先にクリスマス・ケーキ

特集

風力発電
大規模開発探る動き活発に
酒田北港水路と遊佐町沿岸海域

 再生可能エネルギーの開発導入が進む中、ジャパン・リニューアブル・エナジー(株)(JRE、東京都、竹内一弘代表取締役社長)が、酒田市宮海の酒田北港一帯で運転している同社酒田風力発電所の設備更新を計画している。更新後の発電所出力は最大3万7800キロワットを想定し、現行1万6千キロワットの2・3倍強の規模になる。一方、山形県は遊佐町沿岸海域に1基当たり出力5千キロワットの洋上風力発電導入の可能性や課題などを地域住民らと検討しており、風力発電による大規模開発を探る動きが活発になっている。(編集主幹・菅原宏之)

特集

地域住民の介護予防活動が増加
軽体操で健康維持と交流

 住民が主体となった高齢者の介護予防と居場所づくりが、町内会やコミュニティ振興会などで盛んになっている。身近な場所で顔見知りと一緒に軽体操などをすることで、筋力や体力を維持できるだけでなく、地域内の相互扶助や交流、社会参加、生きがいにもつながっている。(編集委員・戸屋桂)

▼総合
 ■町議の報酬、定数削減後に増額  庄内町特別職報酬等審議会が答申
 ■副市長除き委員会で可決  市長副市長の月給減額案
 ■最大級の米保管庫着工  三川町青山で来年稼働

▼寄稿
 ■屋根下地の設計変更は建設費増額の切り札だった/文化会館を考える市民有志の会会員 佐々木栄三

▼地域情報
 ■全日本U12に初出場、8強目指す  モンテ山形ジュニア庄内
 ■庄内弁ドラマ最新話公開  酒田市大沢地区を舞台に
 ■われらの生徒会長/鶴岡南高校 真木坂陽人くん(2年)
 ■実践型詰将棋―初心者向け―第111回 出題/日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義

▼文化
 ■繊細で華やかな世界広がる  瓢箪ランプとつる細工展
 ■冬の白ばらで催し続々  カラオケ王者戦やスタ誕
 ■ヒバリ羽ばたく壁画描く  庄総高美術部が検査場に
 ■コミュニティ酒田俳壇/工藤千江子選

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト
  ●2アイアイひらた平日250円  冬期新サービス開始
  ●クリスマスに特別ディナー  アル・ケッチァーノ

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。