郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1550号/令和元年5月10日号
1549号/令和元年5月3日号
1548号/平成31年4月26日号
1547号/平成31年4月19日号
1546号/平成31年4月12日号
1545号/平成31年4月5日号
1544号/平成31年3月29日号
1543号/平成31年3月22日号
1542号/平成31年3月15日号
1541号/平成31年3月8日号
1540号/平成31年3月1日号
1539号/平成31年2月22日号
・1538号/平成31年2月15日号
1537号/平成31年2月8日号
1536号/平成31年2月1日号
1535号/平成31年1月25日号
1534号/平成31年1月18日号
1533号/平成31年1月11日号
1532号/平成31年1月4日号
1531号/平成30年12月28日号

購読案内はこちらから

歳事記

コミュニティしんぶん1538号
平成31年2月15日号



大蚕室、白雪に映える

特集

酒田市 中心市街地活性化計画
第2期の目標達成は難しく
第1期も3指標で未達成

 酒田市の第2期中心市街地活性化基本計画(計画期間2015年4月〜20年3月)に盛り込んでいる四つの指標=表参照=がいずれも、計画期間終了時に目標値を上回るのが難しい見通しになっている。人口減少に歯止めが掛からないことに加え、経済活動に直結するような民間主導・官民連携による事業が少ないことなどが背景にある。同計画に先立つ第1期計画(同09年3月〜15年2月)では、三つの指標が全て目標値を下回っていたにも関わらず、市が「活性化が図られた」と最終評価していたことが判明。これに対し一部市民からは「中央省庁による一連の統計不正問題と根本は近いように思える」といった批判の声が出ている。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■新酒田産業会館  21年5月の開館目指す  総事業費26億円超、工事は地元発注
 ■旧町村105事業盛り込む  鶴岡市地域まちづくり事業
 ■インタビュー  少子化対策、産業振興をさらに  2期連続して無投票当選した 阿部誠 三川町長(66)
 ■やまがた育英会  首都圏進学の入寮者募集  朝夕食付き月6万円から
 ■来春大卒者用求人ガイド  県が庄内の掲載企業募集
 ■庄内ひな街道、始まる  全市町の計24カ所で展示
 ■海賊船の宝探しにドキドキ  遊佐で手作りおばけやしき

▼地域情報
 ■軟式野球の全国大会に初出場  酒田飽海の中学生選抜 「酒田シャークス」が県代表で
 ■25日オープン記念預金も  鶴岡信金の本店営業部
 ■絞りたての新酒楽しむ  大山新酒まつりに4千人
 ■実践型詰将棋―初心者向け―第113回 出題/日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義

▼文化
 ■酒田市美術館  パリの街並みなど抒情的に  斎藤正治の生誕100年展
 ■西郷隆盛や敗戦の漢詩並ぶ  鶴岡出身書家の作品展
 ■ダブルサックスで名曲を  鶴岡出身 安田智彦ライブ

▼PR
 ■2月23日は税理士記念日です
 ■情報ア・ラ・カルト
  ●太陽光発電で環境に貢献  いちごレディースクリニック

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。