郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1546号/平成31年4月12日号
1545号/平成31年4月5日号
1544号/平成31年3月29日号
1543号/平成31年3月22日号
・1542号/平成31年3月15日号
1541号/平成31年3月8日号
1540号/平成31年3月1日号
1539号/平成31年2月22日号
1538号/平成31年2月15日号
1537号/平成31年2月8日号
1536号/平成31年2月1日号
1535号/平成31年1月25日号
1534号/平成31年1月18日号
1533号/平成31年1月11日号
1532号/平成31年1月4日号
1531号/平成30年12月28日号
1530号/平成30年12月21日号
1529号/平成30年12月14日号
1528号/平成30年12月7日号
1527号/平成30年11月30日号

購読案内はこちらから

コミュニティしんぶん1542号
平成31年3月15日号

特集

新年度予算案
ごみ焼却場、処分場で過去最大
鶴岡市 前年度比11.9%増の731億円

 鶴岡市は2月27日、総額730億8700万円の2019年度一般会計当初予算案を、同市議会3月定例会本会議に上程した。予算規模は、市文化会館整備事業が最終年度となった17年度当初予算の687億9200万円を6.2%上回り、過去最大となった。ごみ焼却施設建設費49億377万円と一般廃棄物最終処分場の建設費19億9925万円を計上したことが要因。サイエンスパークの拡張や、鶴岡市消防本部藤島分署と屋内多目的運動施設などの整備も進める。市議会最大会派の新政クラブが一部予算案に反対の姿勢を示しているため、予算の成立には流動的な面もある。(土田哲史)

▼総合
 ■酒田港  国際コンテナ5年ぶりに減少  紙おむつ、廃プラの輸出減が影響

▼地域情報
 ■庄内町  三陸産ワカメ給食や合唱で  児童生徒が震災の記憶継ぐ
 ■震災から8年、思いつなぐ  キャンドルナイトに集う
 ■下水発電熱で育てた野菜  鶴岡市が学校給食に利用
 ■中村恒也氏お別れの会  約200人が故人しのぶ

▼スポーツ
 ■鶴岡田川の男女12人が出場  全国小学生ソフトテニス大会
 ■厚木SC入団、東京五輪目指す  鶴岡東高校の阿蘓七瑚投手
 ■笑顔でボールつなぐ  初の幼児バレー教室

▼文化
 ■酒田市美術館  ほっこり癒される猫写真展  南の島の猫など100点
 ■庄内ゆかりの4人が演奏  クラリネットのプレーヌ
 ■『大人心の、気ままなハワイ』 酒田出身の田中真理子著
 ■実践型詰将棋―初心者向け―第114回 出題/日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。