郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1555号/令和元年6月14日号
1554号/令和元年6月7日号
1553号/令和元年5月31日号
・1552号/令和元年5月24日号
1551号/令和元年5月17日号
1550号/令和元年5月10日号
1549号/令和元年5月3日号
1548号/平成31年4月26日号
1547号/平成31年4月19日号
1546号/平成31年4月12日号
1545号/平成31年4月5日号
1544号/平成31年3月29日号
1543号/平成31年3月22日号
1542号/平成31年3月15日号
1541号/平成31年3月8日号
1540号/平成31年3月1日号
1539号/平成31年2月22日号
1538号/平成31年2月15日号
1537号/平成31年2月8日号
1536号/平成31年2月1日号

購読案内はこちらから

歳事記

コミュニティしんぶん1552号
令和元年5月24日号



小中学生が山鉾引く

特集

手探り続く公共交通[上]
高齢化で公共交通の負担大きく
横断的取り組みが必要に

 高齢者が被害・加害者になる交通事故の増加が取りざたされているが、高齢化が進む中で、地域の公共交通網をどう維持していくのか、自動車運転免許を手放した後の交通の利便性をどう確保していくのかが庄内でも大きな課題となっている。現状では路線バスが無くなった地区を、自治体が運営するバスやデマンドタクシーなどで補っているが、もっと利用され効率的に運営できる手法が常に手探りされている。抜本的な解決策が無いだけに、地域の実情に合った形で交通・福祉・地域作り・観光、と幅広い分野からの相乗りの取り組みが必要となっている。(本紙取材班)

特集

庄内の鉄道高速化[下]
酒田市長の発言、大きく後退
山形新幹線の庄内延伸で

 羽越、奥羽新幹線のフル規格での早期整備に向けた運動が進む中、山形新幹線の庄内延伸に意欲を示してきた丸山至酒田市長の発言が大きく後退している。丸山市長は昨年12月の酒田市議会で「実現は難しい状況になっていると理解している」との見解を示し、今年3月の定例記者会見では「トーンダウンしていると言われても仕方がない」と話した。これに対し沿線自治体の首長や前県議などからは異論や反論が聞かれる。(本紙取材班)

▼地域情報
 ■クイーンと市民が合唱  東北ゴスペルフェスタ開催  酒田で6月1日
 ■津軽三味線世界戦で3位  鶴岡市の津軽三絃秀栄会
 ■小中高生の参加者募集中  伝統文化子供将棋教室
 ■われらの生徒会長/鶴岡第三中学校 齋藤翔太くん(3年)

▼文化
 ■青磁中心に250点そろえ  大山の中村秀和氏が作陶展
 ■ダダのピアノは利用タダ  移住10年の横田さん寄贈
 ■世界一周徒歩の旅の写真展  徳正蘭さんマリカで開催中

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。