郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1596号/令和2年3月27日号
1595号/令和2年3月20日号
1594号/令和2年3月13日号
1593号/令和2年3月6日号
1592号/令和2年2月28日号
1591号/令和2年2月21日号
1590号/令和2年2月14日号
1589号/令和2年2月7日号
1588号/令和2年1月31日号
1587号/令和2年1月24日号
1586号/令和2年1月17日号
1585号/令和2年1月10日号
1584号/令和2年1月3日号
1583号/令和元年12月27日号
1582号/令和元年12月20日号
1581号/令和元年12月13日号
・1580号/令和元年12月6日号
1579号/令和元年11月29日号
1578号/令和元年11月22日号
1577号/令和元年11月15日号

購読案内はこちらから

歳事記

コミュニティしんぶん1580号
令和元年12月6日号


年の瀬告げる松の勧進
[松の勧進/鶴岡市]

特集

本紙単独インタビュー
議会改革の特別委員会を新設
酒田市議会議長 小松原俊氏 抱負を語る

 酒田市議会(定数28)の議長に11月22日付で就任した小松原俊氏(70)=同市桜林=は本紙の単独インタビューに応じ、「議会改革に関する特別委員会を新設し、3常任委員会と市内の各種企業・団体との意見交換会の開催を検討したい」との考えを明らかにした。また議会報告会を「議員が意見を表明できるように見直したい」と強調。屋内型大型児童遊戯施設の検討など大型案件への対応では、維持管理費や地域経済の活性化につながるのかどうかなどに注視していく考えを示した。(編集主幹・菅原宏之)

特集

鶴岡市文化会館
初年度入館者数は10万7千人
維持経費は2億3千万円超

 鶴岡市文化会館が開館して1年半。実質初年度の2018年度は、開館記念事業に集客力が見込める公演をそろえたことも寄与して、約10万7千人の入館者でにぎわった。一方、市職員の人件費を含む経常経費は2億3千万円を超え、酒田市民会館の1・8倍に上った。施設や使い勝手の評価では、依然厳しい視線を向ける市民が少なくない。(本紙取材班)

▼地域情報
 ■田村牛乳がチーズを生産  年明けにも業務用に販売
 ■シニア男性の拠点事務所  さかた男塾が中町に開設
 ■われらの生徒会長/酒田西高校 伊藤小月さん(2年)

▼文化
 ■全曲ピアノ連弾でコンサート  息ぴったり北高音楽部OGが15日
 ■モンゴルの雄大な自然描く  酒田市出身の石塚三吾展
 ■コミュニティ鶴岡歌壇/富樫正子選
 ■能楽館の所蔵品を中心に  ガラス工芸や人形を展示

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト  ●クリスマスバイキング開催  ガーデンパレスみずほ

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。