郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1589号/令和2年2月7日号
・1588号/令和2年1月31日号
1587号/令和2年1月24日号
1586号/令和2年1月17日号
1585号/令和2年1月10日号
1584号/令和2年1月3日号
1583号/令和元年12月27日号
1582号/令和元年12月20日号
1581号/令和元年12月13日号
1580号/令和元年12月6日号
1579号/令和元年11月29日号
1578号/令和元年11月22日号
1577号/令和元年11月15日号
1576号/令和元年11月8日号
1575号/令和元年11月1日号
1574号/令和元年10月25日号
1573号/令和元年10月18日号
1572号/令和元年10月11日号
1571号/令和元年10月4日号
1570号/令和元年9月27日号

購読案内はこちらから

歳事記

コミュニティしんぶん1588号
令和2年1月31日号


鬼退治、勇壮に舞い魅了
[まつやま大寒能・松山城址館/酒田市]

特集

赤字で市に支援を申し入れ
鶴岡駅前 開業3年目のフーデバー

 JR鶴岡駅前のマリカ東館1階にある商業施設「つるおか食文化市場FOODEVER」を運営する(株)Fu-Do(同市末広町、丸山典由喜代表取締役社長、資本金500万円)が赤字で経営難に陥り、通路などのフロア管理業務から退く意向を、昨年12月、同施設を所有する鶴岡市に示した。しかし市はフロア管理の継続を求めている。両者による話し合いが重ねられているが、先行きは不透明な状態。問題の背景には、採算性を十分検討しないで開業に踏み切った、市とフードの見通しの甘さがある。(土田哲史)

特集

酒田市行財政改革推進委
評価理由、数値目標求める声も
実施計画の進み具合等で意見交換

 酒田市行財政改革推進委員会(会長・阿部直善(社)酒田市社会福祉協議会長、委員9人)は22日、2019年度第2回会議を市役所で開き、市行財政改革推進計画(計画期間16〜20年度)「実施計画」の本年度の進み具合と20年度の方向性、次期推進計画(同21〜25年度)の方向性などについて意見を交換した。

特集

酒田市議会政治倫理審
報告書は「納得できない」と反論
市長選期間中の言動巡り

 酒田市議会の議員政治倫理審査会(関井美喜男会長、委員5人)は24日、事実上6回目となる会合を市役所で開き、先の市長選(2019年9月1日投開票)での言動を問題視された後藤仁市議=志友会=が、同審査会でまとめた報告書を踏まえて弁明した。後藤市議は「『市議会議員政治倫理条例に全く抵触していないとは言えない』とした報告書の内容には納得できない」などと主張した。同政治倫理条例を巡っては、市民の間から「政治利用されやすい面がある」「政治倫理基準があいまいなのは問題」などといった指摘が出ている。(編集主幹・菅原宏之)

特集

酒田市環境、景観両審議会
調査方法や風車の高さに疑問と反対
北港水路等の風車建て替え計画で

 ジャパン・リニューアブル・エナジー(株)(JRE、東京都、竹内一弘代表取締役社長)が、酒田北港一帯で稼働している発電用風車を建て替えるために作った環境影響評価方法書(影響の調べ方を定めるもの)に対し、意見を求められた酒田市の環境、景観両審議会の委員からは「環境への影響を最小化するには、想定し得る設置基数、出力、配置の条件ごとに予測、評価すべき」「騒音や鳥類への影響の調査地点、調査時期を増やすべき」「宮海海岸からの景観を守るために低くするべき」といった疑問や反対の声が相次いだ。

▼地域情報
 ■鶴岡東、春のセンバツへ  夏春連続も41年ぶり2回目
 ■豪州森林火災に支援金  酒田西高生が海外研修縁に
 ■猫の雑貨や人気店が集合  みかわあったか冬まつり
 ■若手経営者塾5期生募集  鶴岡信金が4月から開塾
 ■熱々の汁と酒を楽しむ  好天に酒田寒鱈まつり
 ■釣り1月

▼文化
 ■黒森歌舞伎  今年の押絵は美男「源義経」  くろもりん押絵倶楽部が制作販売
 ■肖像や風景など多様な画風  本間美術館 庄内の洋画家たち展
 ■オペラ「女中は見た!」凱旋公演  鶴岡市出身オペラ歌手 佐々木麻子

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト
  ●七宝焼き作り参加者募集  加藤繁治商店で感謝祭
  ●冬に人気のラーメン再開  芳香亭がランチタイムに
 ■コンビニの求人情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。