郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1596号/令和2年3月27日号
1595号/令和2年3月20日号
1594号/令和2年3月13日号
1593号/令和2年3月6日号
1592号/令和2年2月28日号
1591号/令和2年2月21日号
1590号/令和2年2月14日号
・1589号/令和2年2月7日号
1588号/令和2年1月31日号
1587号/令和2年1月24日号
1586号/令和2年1月17日号
1585号/令和2年1月10日号
1584号/令和2年1月3日号
1583号/令和元年12月27日号
1582号/令和元年12月20日号
1581号/令和元年12月13日号
1580号/令和元年12月6日号
1579号/令和元年11月29日号
1578号/令和元年11月22日号
1577号/令和元年11月15日号

購読案内はこちらから

歳事記

コミュニティしんぶん1589号
令和2年2月7日号


笑顔あふれる氷上綱引き
[第5回氷上綱引き大会・小真木原スケート場/鶴岡市]

特集

荘内病院18年度決算
赤字16年連続も大幅に縮小
施設基準の取得、繰入金増などで

 鶴岡市立荘内病院(鈴木聡院長、診療科25科、病床数521床)は、2018年度決算で当期純利益4800万円の赤字を計上した。最終赤字は03年度から16年連続だが、赤字幅は17年度から大幅に縮小した。患者数は減ったものの、診療報酬加算を算定できる施設基準の取得に努め、一般会計からの繰入金も増えたことなどが要因。同病院では20年度に純利益での黒字転換を目指しているが、医師の確保にどう対応していくのかなど、解決するべき課題は山積している。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■鶴岡市  ソライへの支援は一旦白紙  フーデバーは協議を継続中
 ■鳥海山の火山防災図を解説  ジオパーク協が公開講座
 ■一番感動した港は酒田港  スプレンディダ号乗客が回答
 ■5周年記念展は14〜16日  絆盆栽を愛する会が開催
 ■庄内町で初の新酒まつり  「夏子の酒」作者の座談会も
 ■格安航空20分早く出発

▼地域情報
 ■酒田弁シャンソンにタンゴ  白崎映美の白ばらナイトショー
 ■黒森歌舞伎「義経千本桜」  正月公演は15、17日
 ■われらの生徒会長/庄内総合高校 中尾明日香さん(2年)
 ■園芸ワンポイント2月/冬の終わりに咲く小さな花  バーデンベルギア

▼文化
 ■青野恭典の鳥海山の写真中心に  酒田市美術館で収蔵品展Ⅱ
 ■前田博前会長を追悼  酒田短歌会報73号を発行
 ■新句会に向け会員募る  本紙俳壇の畠山カツ子さん
 ■コミュニティ鶴岡歌壇/富樫正子選

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト  ●ボリューム満点新メニュー  平牧庄内観光物産館店

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。