郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1621号/令和2年9月18日号
1620号/令和2年9月11日号
1619号/令和2年9月4日号
1618号/令和2年8月28日号
・1617号/令和2年8月21日号
1616号/令和2年8月14日号
1615号/令和2年8月7日号
1614号/令和2年7月31日号
1613号/令和2年7月24日号
1612号/令和2年7月17日号
1611号/令和2年7月10日号
1610号/令和2年7月3日号
1609号/令和2年6月26日号
1608号/令和2年6月19日号
1607号/令和2年6月12日号
1606号/令和2年6月5日号
1605号/令和2年5月29日号
1604号/令和2年5月22日号
1603号/令和2年5月15日号
1602号/令和2年5月8日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1617号
令和2年8月21日号


月山高原が黄色に染まる
[月山高原ヒマワリ畑/鶴岡市羽黒町手向]

特集

庄内の三セク19年度決算[下]
事業効果、費用対効果の精査を
酒田・鶴岡市 財団、社団法人 9団体中3団体が単年度赤字

 酒田、鶴岡両市が基本財産額の25%以上を出捐(寄付)する第三セクターのうち、公益・一般財団と一般社団法人の9団体中、酒田市の3団体が2019年度決算で単年度赤字を計上した。前期は全8団体が単年度黒字を確保したが、当期は酒田、鶴岡両市で明暗が分かれた。9団体は公益性の高い事業を手掛けているが、収入の多くを税金に依存し、事業の採算性を問われることも少ない。このため市民の間からは「両市の支出額が妥当なのかどうかを含め、事業効果や費用対効果を精査する必要がある」といった指摘が出ている。(本紙取材班)

▼地域情報
 ■あずま袋などを開発販売  光陵高生と企業が共同し
 ■小学生とキャンドル作り  アルツハイマーデー向け
 ■30周年ウオーク参加募集  鳥海ウォーキングクラブ
 ■宿坊の貸自転車始まる  羽黒山伏のガイドも可能
 ■われらの生徒会長/鶴岡第一中学校  大内貴史くん(3年)

▼文化
 ■酒田の史跡巡る10コース紹介  街歩きガイド『酒田ブラン』
 ■最新作に書き下ろしの冊子も  つちだよしはる絵本原画展
 ■夢見る金魚のトートバッグ  酒田市美術館で制作販売
 ■実践型詰将棋―初心者向け―第130回 出題/日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト  ●疫病退散アマビエラベル  金龍の爽20日から販売中
 ■夏の住宅情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。