郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1638号/令和3年1月15日号
1637号/令和3年1月8日号
1636号/令和3年1月1日号
1635号/令和2年12月25日号
1634号/令和2年12月18日号
1633号/令和2年12月11日号
1632号/令和2年12月4日号
1631号/令和2年11月27日号
・1630号/令和2年11月20日号
1629号/令和2年11月13日号
1628号/令和2年11月6日号
1627号/令和2年10月30日号
1626号/令和2年10月23日号
1625号/令和2年10月16日号
1624号/令和2年10月9日号
1623号/令和2年10月2日号
1622号/令和2年9月25日号
1621号/令和2年9月18日号
1620号/令和2年9月11日号
1619号/令和2年9月4日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1630号
令和2年11月20日号


六角灯台で啓発に一役
[日和山公園/酒田市]

特集

来春高卒者の就職内定状況
求人減るも内定率は例年並み
庄内 関東避け県内増加で激戦も

 庄内の来春高校卒業予定者の就職内定状況は、新型コロナウイルス感染症の影響で応募や選考が例年より1カ月遅れたが、11月に入り1回目の選考結果がまとまってきた。各高校の話を総合すると、求人は前年より減少したものの内定率は75〜90%程度と例年並み。東京など関東圏を避けて県内就職を希望した生徒が増え、応募が集中して激戦となった地元の大手製造業もあった。(編集委員・戸屋桂)

特集

鶴岡の医療を守る市民研究会
両市一体の医療体制を公開討論
荘内病院長は基幹病院統合に消極姿勢

 鶴岡市の医療環境を考える団体「鶴岡の医療を守る市民研究会」(代表・鎌田剛東北公益文科大学准教授)は5日、最終となる第5回講座を同市の出羽庄内国際村で開き、庄内地域の3病院長と鶴岡地区医師会の医師2人が公開討論会で意見を交わした。「鶴岡、酒田両市を一体として地域医療を考えなければならない」とする意見が大勢を占めた一方、鶴岡市立荘内病院と酒田市の地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構日本海総合病院の統合も議論されたが、荘内病院長が消極的な姿勢を示すなど、考え方に違いも見られた。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■市街地での対応を確認  クマ対策連絡会議を開催
 ■28日に一部施設が開設  酒田駅前の再開発事業
 ■地域の宝・庄内海岸林を語る  クロマツ・シンポジウム28日に
 ■セーター8.8万円で販売  スパイバーの繊維使い

▼地域情報
 ■井山計一さん、現代の名工に  カクテル「雪国」などを生む
 ■アランマーレ、ホーム2連勝  5連勝もリーグ2位に
 ■山王デイバザールは21日  入場者千人に制限し開催
 ■われらの生徒会長/鶴岡市立豊浦中学校 太田奏美さん(3年)
 ■釣り11月

▼文化
 ■内藤秀因水彩画公募展で大賞  鈴木幸治さん(酒田市富士見町) 嶋﨑芽依さん(余目三小6年)
 ■小中学生37人が独奏・合奏  第1回子ども育みコンサート29日

▼PR
 ■情報ア・ラ・カルト  ●オープンキャンパス開催 公益大大学院で12月12日
 ■お得な読者特典付き 酒田・鶴岡 忘・新年会情報
 ■酒田市中町 忘・新年会二次会ガイド
 ■庄内珈琲めぐり

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。