郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1819号/令和6年7月5日号
1818号/令和6年6月28日号
1817号/令和6年6月21日号
1816号/令和6年6月14日号
1815号/令和6年6月7日号
・1814号/令和6年5月31日号
1813号/令和6年5月24日号
1812号/令和6年5月17日号
1811号/令和6年5月10日号
1810号/令和6年5月3日号
1809号/令和6年4月26日号
1808号/令和6年4月19日号
1807号/令和6年4月12日号
1806号/令和6年4月5日号
1805号/令和6年3月29日号
1804号/令和6年3月22日号
1803号/令和6年3月15日号
1802号/令和6年3月8日号
1801号/令和6年3月1日号
1800号/令和6年2月23日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1814号
令和6年5月31日号


好天の天神祭に25万人
[鶴岡天神祭/鶴岡市]

特集

酒田商業高校跡地
ト一屋、無印良品など出店
来春開業、市民生活支え観光拠点に

 酒田市内の4社を中心に地元企業25社が共同出資する「いろは蔵パーク(株)」(代表取締役=髙橋剛(株)丸高代表取締役社長)は27日、市が所有する酒田商業高校跡地に整備する商業施設の施設名や一部の出店店舗名を発表した。6月から建築工事に入り、来年春の開業を目指す。施設には地元スーパーマーケットのト一屋や衣料品・生活雑貨・食品販売店の無印良品、土産品販売店の酒田観光物産館(仮称)などが出店する。髙橋代表取締役は「市民の日常生活を支え、観光の拠点にもしていきたい」と話している。(編集主幹・菅原宏之)

特集

遊佐酒田洋上風力発電問題
海底活断層と同位置に風車建設
地震工学の専門家が学習会で指摘

 洋上風力発電の事業化に向けた3段階ある手続きのうち、最終段階の「促進区域」に指定された遊佐町沖では国が発電事業者の公募を進め、2段階目の「有望な区域」に選定された酒田市沖では住民を対象に山形県と同市が意見交換会を始めようとする中、庄内住民による学習会が18日、遊佐町生涯学習センターで開かれ、海底活断層とほぼ同位置に促進区域や有望な区域が指定・選定されていることが報告された。学習会では、地震や津波の影響は指定・選定の検討項目に無いこと、洋上風力発電施設では耐震設計は行われておらず、その方法が見つかっていない実態も明らかになった。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■公益大公立化  県と庄内市町で年2億~5億円負担  経済波及効果は現状より36%増加
 ■酒田文化資料館光丘文庫が開館  4施設統合し旧中央図書館に

▼地域情報
 ■ハンコタンナも泥もつけ  南平田小5年生が田植え
 ■サクラマスの稚魚放流  新堀小児童らが4万匹
 ■中国雑技団や各国料理  ワールドバザール9日に
 ■われらの生徒会長/鶴岡第二中学校 諏訪颯太さん(3年)

▼文化
 ■犬猫の愛らしい表情しぐさ  中山みどりフェルトアート展再び
 ■4人4様の手工芸品  アミカ展31日まで
 ■郷土料理や自然を庄内弁で歌う  中野目のふみおちゃんCD制作

▼PR
 ■大山犬祭り6月5日開催
 ■求人情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。