郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1819号/令和6年7月5日号
1818号/令和6年6月28日号
・1817号/令和6年6月21日号
1816号/令和6年6月14日号
1815号/令和6年6月7日号
1814号/令和6年5月31日号
1813号/令和6年5月24日号
1812号/令和6年5月17日号
1811号/令和6年5月10日号
1810号/令和6年5月3日号
1809号/令和6年4月26日号
1808号/令和6年4月19日号
1807号/令和6年4月12日号
1806号/令和6年4月5日号
1805号/令和6年3月29日号
1804号/令和6年3月22日号
1803号/令和6年3月15日号
1802号/令和6年3月8日号
1801号/令和6年3月1日号
1800号/令和6年2月23日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1817号
令和6年6月21日号


収穫早まるが甘さ十分
[サクランボの収穫/鶴岡市櫛引地域]

特集

県再エネ検討委
開発目標値の上方修正案を了承
「地震対応反映されず」と批判の声

 山形県のエネルギー政策基本構想見直し及び後期エネルギー政策推進プログラム第一期見直し検討委員会(委員長=吉村昇・東北公益文科大学学事顧問、委員11人)は12日、山形市内で会合を開き、2030年度末までに導入する再生可能エネルギーの開発目標を、現行の1・5倍の153万キロワットに見直す県の上方修正案を了承した。最終見直し版を8月中に公表する。これに対し再エネ問題に詳しい庄内の住民の間からは「見直し案には、能登半島地震の教訓、災害のリスクと対応が反映されていない」「県土全体のバランスある開発への努力がうかがえない」との批判の声が上がっている。(編集主幹・菅原宏之)

▼地域情報
 ■故畠山弘氏の賞を新設へ  らくがき倶楽部が偲ぶ会
 ■8施設のキャラクター集合  加茂水族館が11館と連携
 ■屋根の修復費を募金中  大山公園の三吉神社
 ■釣り6月
 ■野球は鶴工、サッカーは致道館が勝利  伝統継ぎ新たな定期戦、熱戦展開
 ■アバターで彼氏彼女に  県などが婚活イベント
 ■選手が野菜の栄養伝える  アランマーレの食育教室
 ■われらの生徒会長/鶴岡第四中学校 阿部歩さん(3)

▼文化
 ■本間美術館  大井戸茶碗など名品ずらり  本間家の茶道具展を開催中
 ■庄内の詩や平和の願い表現  渡部美恵子さん現代書展
 ■懐かしいグッズを10万点  昭和サブカルチャー展
 ■ものまねライブ9月23日  割引前売り券を先行販売

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。