郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1798号/令和6年2月9日号
・1797号/令和6年2月2日号
1796号/令和6年1月26日号
1795号/令和6年1月19日号
1794号/令和6年1月12日号
1793号/令和6年1月5日号
1792号/令和5年12月29日号
1791号/令和5年12月22日号
1790号/令和5年12月15日号
1789号/令和5年12月8日号
1788号/令和5年12月1日号
1787号/令和5年11月24日号
1786号/令和5年11月17日号
1785号/令和5年11月10日号
1784号/令和5年11月3日号
1783号/令和5年10月27日号
1782号/令和5年10月20日号
1781号/令和5年10月13日号
1780号/令和5年10月6日号
1779号/令和5年9月29日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1797号
令和6年2月2日号


長寿願い住吉明神が舞う
[第33回雪の能まつやま大寒能/酒田市松山城址館]

特集

2023年
本県漁業が記録的不漁
小売、加工業者にも影響

 県水産研究所と県漁協などによると、2023年の本県の漁獲量は2843・5トン、水揚げ金額は16億7661万8千円となり、平成元年(1989年)以降では最も少ない記録的な不漁となった。主力のスルメイカ、サケ、ハタハタ、マガレイ(口細カレイ)の不漁などが要因。不漁の影響は小売業者や加工業者にも及んでいる。県と県漁協では、魚の付加価値を高める取り組みに活路を見出そうとしている。(本紙取材班)

総合

旧清水屋債権者集会
敷地の売買交渉が進展せず
財団債権5800万円に膨らむ

 経営悪化で2021年8月に破産手続きが始まった、酒田市の百貨店・マリーン5清水屋を運営していた(株)マリーン5清水屋の第8回債権者集会が1月22日、山形地裁酒田支部で開かれた。破産管財人の加藤栄弁護士(同市北新町1丁目)は、旧清水屋の建物がある敷地のうち、マリーン5清水屋を除く地権者9件と、この区画で再開発事業を検討している敷地の購入希望企業との売買交渉は、平行線の状態が続き、具体的な進展は無いと報告した。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■酒田駅前広場・駐輪場が完成  市が総工費2億円超で整備
 ■実例から倒産の予兆解説  経営安定セミナー21日

▼地域情報
 ■最後のサロンコンサート  鶴岡北高音楽部が4日
 ■西安書展23歳以下で最高賞  酒田東高2年 佐藤春奈さん
 ■白崎映美が魂込め演じ歌う  朗読音楽劇「まつろわぬ民」 5日
 ■女子小学生は集まれ  楽しくソフトボール体験
 ■前年同期より座席数減少  庄内―羽田便、一部5便も
 ■初の場面や名セリフ、見どころ多数  黒森歌舞伎「白浪五人男」上演  15、17日
 ■押し絵は弁天小僧菊之助  キセル持ち粋なポーズで
 ■冬の日本海の幸ふんだん  温海旬御膳9店で販売中
 ■われらの生徒会長/酒田光陵高校 後藤颯太さん(2年)

▼文化
 ■土門拳記念館  棟方志功や絵画を切り口に  土門拳賞の自然動物写真も
 ■珍品や謎の寄贈品が集合  致道博物館の新収蔵品展
 ■コミュニティ鶴岡歌壇/佐々木秀子選

▼PR
 ■人気の事務職求人情報
 ■求人情報

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。