郷土の未来をつくるコミュニティペーパー(山形県庄内地方の地域新聞)
Community News Web Site
バックナンバー
コミュニティ新聞バックナンバー
1807号/令和6年4月12日号
1806号/令和6年4月5日号
1805号/令和6年3月29日号
1804号/令和6年3月22日号
1803号/令和6年3月15日号
・1802号/令和6年3月8日号
1801号/令和6年3月1日号
1800号/令和6年2月23日号
1799号/令和6年2月16日号
1798号/令和6年2月9日号
1797号/令和6年2月2日号
1796号/令和6年1月26日号
1795号/令和6年1月19日号
1794号/令和6年1月12日号
1793号/令和6年1月5日号
1792号/令和5年12月29日号
1791号/令和5年12月22日号
1790号/令和5年12月15日号
1789号/令和5年12月8日号
1788号/令和5年12月1日号

購読案内はこちらから
歳事記

コミュニティしんぶん1802号
令和6年3月8日号


大山の山野草10日早く開花
[ラムサール条約登録湿地の大山上池・下池/鶴岡市]

特集

新年度予算案
図書館、給食センターを整備
鶴岡市 総額736億円、過去2番目の規模

 鶴岡市は総額736億7千万円の2024年度一般会計当初予算案を市議会3月定例会本会議に上程した。23年度当初予算を29億7000万円4・2%上回り、20年度の740億8400万円に次ぐ過去2番目の規模となった。要因は朝暘第五小学校と市朝日庁舎の改築、新産業団地の整備などで、普通建設事業費が大幅に増えたこと。図書館本館や学校給食センターの整備、出羽庄内国際村の改修などに取り組む。(編集部課長・土田哲史)

特集

遊佐町沖風力発電
安全性に疑問や不安の声
沿岸域検討部会で住民、漁業者から

 洋上風力発電事業の「促進区域」に国が指定し、1月に発電事業者の公募を始めた遊佐町沖での影響や課題などを議論する「遊佐沿岸域検討部会」(部会長・三木潤一東北公益文科大学公益学部長、委員27人)が2月29日、遊佐町の遊楽里で開かれ、委員から能登半島地震を踏まえ、発電施設の安全性に疑問や不安の声が上がった。同町沖の洋上風力発電事業では、庄内地域の住民団体が同月20日、遊佐町議会に対し事業者公募の中断を要望する意見書を経済産業、国土交通の両大臣に提出すよう求める請願を提出しており、町民の間で洋上風車の安全性を危惧する声が強まっている。(編集主幹・菅原宏之)

▼総合
 ■投書  世代交代で担い手確保 楽しみがある自治会に/酒田市・伊藤啓悟
 ■技能グランプリ日本料理で銅賞  須田剛史料理長が前回越え
 ■東洋大駅伝の酒井俊幸監督  酒田で中高生に20日指導

▼地域情報
 ■鶴南、鶴北で最後の卒業式  母校の教え胸に新たな道へ
 ■一輪車東北優勝の舞を披露  ケセラが23、24日に発表会
 ■南三陸支援の海産物フェア  11日から仏壇のさとうで
 ■われらの生徒会長/羽黒高校 五十嵐羽琉さん(2年)

▼文化
 ■特選は佐々木翔哉君(松陵小5年生)  ユネスコ短歌の入選者を表彰
 ■25~27年の新成人が対象  小いけで特典付き振袖展
 ■実戦型詰将棋—初心者向け—第170回 出題/日本将棋連盟 元専務理事 九段 西村一義
 ■コミュニティ鶴岡俳壇/畠山カツ子選

▼インフォメーション
 庄内で開催される各種の公演、講座、美術展、映画、博物館の展示、名所などの最新情報を満載。